LinuCの勉強

メモ書きを転記

プロセス

実行中のプログラムのこと

  • システム上では,常に複数のプロセスが稼働している。
  • コマンド実行で,プロセスは産まれ,プログラムの終了とともに消滅する。

プロセスの生成に関する手順

新しいプロセスは,親プロセスが自分のコピーである子プロセスの生成をカーネルにリクエストし,次に生成された子プロセスの中身が新しいコードに入れ替わる。

プロセスに関連するコマンド

ps: プロセスの情報を表示する基本的なコマンド

pstree: プロセスの階層構造を表示する。

top: プロセスの情報を周期的にリアルタイムに表示する。

プロセスの優先度について

nice値

優先度を表現する指標

プロセスの優先度

CPUによる実行を待つ複数のプロセスのうち,どれを実行するか?

  • niceコマンドで優先度を変更して,実行する
  • 実行中のプロセスから変更する場合は,renice または top コマンドを実行する。

シグナルについて

  • SIGHUP(1): 端末の切断によるプロセス終了
  • SIGINT(2): 割込みによるプロセスの終了
  • SIGKILL(9): 強制終了によるプロセスの終了
  • SIGTERM(15): Default
  • SIGCONT(18): 一時停止したプロセスの再開

killコマンドについて

kill コマンドで,プロセスを指定する場合は,killallを使用する。

基本コマンドとファイル操作

シェル変数

設定されたシェルのみが使用できる変数
setコマンドで確認する。

環境変数

設定されたシェルとその子シェルで起動したプログラムが使用する変数
envコマンドで確認する。
declare -xまたは,exportで設定可能。

 

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です