第2章「符号化と伝送」-03

ネットワークスペシャリスト
nekonisi
nekonisi

2021/11/28の勉強

前回

第2章「符号化と伝送」-02
nekonisi2021年11月27日の朝勉強前回前回の復習標本化横軸をいかに細かく分類するか?の話。例えば、標本化のサンプリング周波数が「4kHz」だった場合、1秒間を4000に分けてデータの分...

 

誤り制御

データの伝送を行う際に、ノイズ等で破損する場合がある。
データの再送を促したり、その場でデータを回復するための処理として、誤り制御がある。

誤り制御の方法

誤り制御の方法は大きく分けて二種類存在する。
1. 誤り検出により再送を行う方法(ARQ)
2. 誤り訂正により自己修復を行う方法(FEC)

ARQ: Automatic Repeat Request
FEC: Forward Error Correction

ARQ

パリティチェック

7ビットのデータを送信する場合、8ビット目に誤り検出用のパリティビットを付加して送信する。

例えば

1000001

のような7ビットのデータを送信したいときに、
8ビット目にパリティビットを付加してデータの整合性を検査する。

全体が偶数となるようにパリティを挿入する場合は、これを偶数パリティと呼び。
反対に全体が奇数となるようにパリティを挿入する場合は、これを奇数パリティと呼ぶ。

例の場合、

偶数パリティ
10000010
奇数パリティ
10000011
パリティチェックの種類
垂直パリティ
b810101110
b700101000
b611001100
b511111111
b401111001
b311100010
b200101111
b100000000
ABCDEFGH

キャラクタ単位でパリティチェックを行う方法。
7ビットのキャラクタコードに対して8ビット目を付加して冗長ビットとする。
※ 上記の例では、偶数パリティを採用。

水平パリティ

伝送した文字列の最後にBCC(Block Check Character)を付加する方法。
ETB(End-of-Transmission-Block character)もしくは、ETX(End-of-Text character)の後ろに
BCCを付加する。(つまり、最後に付加するってこと。)
図は省略するが、水平方向にパリティを付加する。

群計数チェック方式

水平方向の1の数を加算し、その結果を2進数で表す。
加算結果の下2桁をCK1, CK2としてチェックビットとする方式。

加算結果
b8101010010
b7001001001
b6110010010
b5111100100
b4011111011
b3111011011
b2001001001
b1000000000
ABCDCK1CK2

次回

第2章「符号化と伝送」-04
nekonisi2021/12/02の勉強前回前回に引き続き誤り制御に関しての学習内容をまとめていく。CRCCRC: Cyclic Redundancy Check(巡回冗長検査)送信するデータに生成多項...

コメント

タイトルとURLをコピーしました