TwitterAPIを利用するための事前準備 その1「Twitter developerの認証」

Twitter API

TwitterAPIについて

Twitterを外部プログラムで操作する際には、TwitterAPIを使用します。
TwitterAPIの概要については公式ヘルプを読むのがよいです。

公式ヘルプを参照すると下記のことができるみたいです。

種別概要
アカウントとユーザプロフ設定、ミュートブロック、フォロワーの管理等
ツイートと返信ツイート、説明不要。
ダイレクトメッセージDM、これも説明不要。
広告広告をキャンペーンするツール。
企業が利用するらしい。
パブリッシャーツールとSDKTwitterのタイムライン、共有ボタン等を
ウェブページに埋め込むツール。
TwitterAPIでできること

大概のことはTwitterAPIを使用すればできるということですね。
私の場合は、個人利用のアカウントの操作なので、「アカウントとユーザ」「ツイートと返信」を利用するくらいです。

せっかくブログがあるんだし、「パブリッシャーツールとSDK」なんてのも利用したいですね。

Twitter developerの認証

TwitterAPIを利用するためには、TwitterAPIの利用申請が必要になります。

TwitterAPIの利用申請は、こちらから行うことができます。
下記に手順を記載していくので参考にしてください。

Twitter developer認証を開始する

画像を参考に「Sign up」をクリックします。

Sign up!

質問に答える

Just a few questions to get you Essential access

Twitter APIを利用するための質問事項に答えていきます。
質問の内容の意訳と、回答例を記載しましたので参考にしてください。

  1. What's your name?(名前はなんですか?)
    あなたの名前を入力してください。
  2. What country are you based in?(どの国を拠点としていますか?)
    Japanを入力してください。
  3. What's your use case?(TwitterAPIの使用目的はなんですか?)
    邪な目的でなければ利用目的を正直に答えましょう。
    今回は「Making a bot」を選択しました。
  4. Will you make Twitter content or derived information available to a government entity or a government affiliated entity?(Twitterのコンテンツまたは派生情報を政府機関または政府関連機関が利用できるようにしますか?)
    なんか難しいこと言ってるけど、政府が私のくだらないTweetを利用することもなさそうなので、Noを選択しました。
  5. Want updates?(更新情報ほしい?)
    いらないので、チェックしません。

規約への同意

利用規約

利用規約の同意を行います。
画像を参考に、チェックボックスをONにして、Submitをクリックします。
こういうのちゃんと読む人ってどれくらいいるんやろ?

「There was a problem completing your request」が表示される場合

There was a problem completing your request

Submitを押すと、画面右側に「There was a problem completing your requestUser must have a verified phone number on file prior to submitting application.」というアラートが出る場合。
「確認済みの電話番号」を登録する場合がありますので、Twitterの電話番号設定より、電話番号を登録しましょう。

メール認証を行う

「Verify your Twitter Developer Account」というタイトルでメールが届いているはずですので
「Confirm you email」をクリックしてください。

認証を終えると、Twitter Developer Portalにログインすることができます。

Developer portal

これで、Twitter APIを使用するための準備は終了です。おつかれさまでした。

以上

続き↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました